o1094069115036422608.jpg
九州1.jpg
R0001139_edited.jpg
キャプチャ_edited_edited.jpg

​文化財のレッドリスト

~修復材料の危機と持続可能性~

​     ※申し込みは締め切りました

​令和4年度 文化財保存修復を目指す人のための実践コース

​​10月より

配信中!

​開催趣旨

​受講の流れ

​カリキュラム

​募集要項・お申し込み

主催 特定非営利活動法人 文化財保存支援機構

共催 独立行政法人国立文化財機構 東京国立博物館

後援 公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団 / 公益財団法人 日本博物館協会

   一般社団法人 文化財保存修復学会 / 文化遺産国際協力コンソーシアム / 日本文化財科学会 

 

​開催趣旨

 文化財を守り伝えていくためには、文化財を支える素材・技術・人材が必要ですが、そのどれもが原料不足や後継者問題などを抱えて存続の危機に瀕しています。これは文化財業界だけでなく、一次産業から三次産業まであらゆる分野の力を合わせなければ解決できない課題です。本コースでは、修復技術者からの視点のみならず、原料生産の現場への取材も通して現状を直視し、我々の社会が将来も文化財と共にあるために「もの」「人」「技術」を未来へ伝える方法論を探る契機としてもらうことを目的としています。

 
 

​受講の流れ

Step1​
お申し込み

​募集要項のページよりお申し込みをしてください。事務局より請求書をお送りします。

step5
受講証明書を受け取る

​すべての配信終了後、

視聴とアンケートへの回答

確認できた講義の受講証明書を

発行いたします。

Step2
視聴準備

​お振り込み確認後、

視聴用のID/パスワードを

発行します(9月~)。

step4
アンケートへの回答

受講した講義についての

アンケートにお答えください。

step3​
受講

​ご自身のデバイスで、

配信期間中に講義動画を

視聴してください。

講義の配信にはクラストリームを使用します。以下の視聴推進環境をご準備ください。

【 PCの場合 】・Windows® 8.1                Google Chrome™(最新版)
                         ・Windows® 10 /11         Microsoft Edge®(最新版)、Google Chrome™(最新版)
        
                         ・MacOS X 10.11以降       Safari

【 モバイルの場合 】       ・iOS 11.2以降     Safari
                                          ・Android™ OS 5.0以降        Google Chrome™(最新版)

                                              回線        光回線などの高速回線(推奨:2Mbps以上、必須:500kbps以上)
                                                             モバイルの場合、映像の視聴には多くのデータ通信が発生することから、Wi-Fiでの通信を推奨しています。
                                                              また、各携帯事業者が提供するプランによるデータ通信量の制限等に十分ご注意ください。